症状を知る

海辺に立つ女性

脂質異常症とは、血液中のldlコレステロールが基準値より高くなっている症状を言います。ldlコレステロールとは肝臓で作られたコレステロールを各臓器に運ぶ働きをしている重要な物質ですが、細胞内に取り込まれなかった余分なコレステロールを血管内に放置するため、動脈硬化を引き起こす原因ともなります。 血液中のldlコレステロールは主に健康診断で測定されます。総コレステロールが高い場合、ldlコレステロールが正常値でも脂質異常症と判断されることがありますが、正確に脂質異常症を判定するにはldlコレステロールを測定することが重要です。 ldlコレステロールが高い場合、他に原因となる病気が無いかを調べ、何も無ければ、脂質異常症の治療が必要となります。

脂質異常症になると、血液に様々な変化を及ぼします。動脈硬化などのリスクを向上させる脂質異常症は、悪化することで心筋梗塞などの命に関わる病気に繋がる恐れもあるのです。 脂質異常症の主な症状に、血液がドロドロになるというものがありますが、これは自分で気付くことがほぼ不可能なため、健康診断などで検査を受ける必要があります。ldlコレステロールの検査は一般的な健康診断の項目に含まれていますので、特別な申請などは必要ありません。気付くのが遅れ、突然の心筋梗塞などの発作に遭わないためにも、年に一度は健康診断を受診するようにしましょう。 心筋梗塞などを防ぐためには、毎日の食生活や運動に気をつける必要がありますが、健康診断などで脂質異常症の疑いがあると言われたときは、食生活の改善よりもまずは医師の診察を受けるようにしましょう。