役割について

公園の中の女性

ldlコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを、各細胞に運ぶ役割をしています。しかし、人体に必要なコレステロールの量は限られています。余分なコレステロールがある場合、ldlコレステロールは余剰分を回収しないため、血管内にそのまま放置されてしまいます。その結果、動脈硬化症や高コレステロール血症を引き起こしてしまうので、ldlコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれています。それでも、悪玉という名はついていますが、決して悪いものではないのです。コレステロールは細胞膜を維持したり、ホルモンの原料となったり、胆汁の材料となったり、人体に必要不可欠なものです。そのコレステロールを運ぶldlコレステロールも同様であり、量とバランスが必要となってきます。

ldlコレステロールが増える原因としては、食べ過ぎ、飲み過ぎによるカロリーの過剰摂取、運動不足、コレステロールを多く含む食品の過剰摂取、遺伝的要素など様々な原因が考えられます。しかし、コレステロールの80パーセントは体内で作られ、その大部分は肝臓で作られます。それゆえ、肝臓に負担をかけない生活習慣を送ることが一番大切になってきます。肝臓の機能が正常に働かないと、ldlコレステロールも同様に働きが悪くなります。肝臓の機能を高める食品はタウリンを含む食品です。タウリンはカキ、イカ、ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。魚介類を摂取するのが難しい人には、サプリメントによってタウリンを摂取する方法もあります。